スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「チェルノブイリを超える!」

 報じられない福島・集団疎開裁判の意見書

 福島原発事故の放射能被曝による健康被害を懸念した郡山市の小中学生14人と保護者たちが集団疎開を求めて裁判を起こした「ふくしま集団疎開裁判」で衝撃的な医師の意見書が提出された。

 福島の小児甲状腺がんの発生率は「チェルノブイリと同じかそれ以上の恐れがある」と指摘しているのである。
 裁判は1年8カ月にわたる異例の長期裁判を経て、近く結論が出るとみられるが、19日付で原告側から一通の意見書が提出された。

 北海道・深川市立総合病院内科部長の松崎道幸医師が書いた「今、福島の子ども達に発生している甲状腺がんについて」である。松崎医師は、福島の県民健康管理調査の検討委員会が13日に公表した「18歳以下の甲状腺がんは3人」との報告を受け、チェルノブイリ原発周辺で行われた10歳以下の子どもの健康調査データと比較した。その結果、チェルノブイリでは事故後5年経ってから、約1万4000人に1人の割合で甲状腺がんが見つかったのに対し、福島は3800人に1人(7人の疑いも含む)と極めて高く、しかも、発見された期間が短いことから、今の福島の子どもたちが「チェルノブイリ高汚染地域の子どもに匹敵する頻度で甲状腺がんが発生し、今後、激増する恐れがある。福島中通りとその周辺の放射線レベルの高い地域に居住を続けることは、医学的にまったく推奨できない」と断じているのだ。

 チェルノブイリ原発周辺の健康調査データをまとめたのが、県民調査も指揮している山下俊一・現長崎大大学院医歯薬学総合研究科教授。「放射線はニコニコ笑っている人には来ない」とのトンデモ発言で総スカンを食らった人物だ。

「調査データをまとめた『山下論文』では、持続的な低線量被曝も子どもの甲状腺がんにつながる可能性を指摘している。この通りなら、福島の子どもは一刻も早く疎開させるべきだという結論になります」(福島県政担当記者)
 こんな意見書の存在が一般紙で報じられないことが恐ろしい。
(26日発売 日刊ゲンダイ=部分抜粋)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

あぷりんく

Author:あぷりんく
新人類世代のチョイワルオヤジ

好きな色は ピンク

好きな花は バラ

好きなTVは 水戸黄門

好きな歌は おしりかじり虫

好きな果物は 山形産のりんご

好きな言葉は 
暗いと不平を言うよりも進んで明かりを付けましょう
 

最近の趣味といえば 
昼は自転車での散歩であとは時々夜空を見上げることかな?


前の趣味は 放浪

ずっと前の趣味は 山登り

人気サイトランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。