スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

午後から塩原温泉へポタリングしてきました。

 塩原の冬は天候次第で雪があったりなかったりです。今日は南の暖かい風ですので雪はありませんので塩那街道を左へ曲がって塩原温泉へ向かいました。
 このいつものT字路までの到達時間がだんだん早くなってきています。もうすぐav20km以上でこのT字路まで走れるようになりそうです。
0902281430.jpg090228_1432~0001090228_1431~0001090228_1517~0001090228_1526~0001090228_1532~0002090228_1532~0001090228_1543~0001
 とりあえず塩原温泉街の先日入った山口旅館にまた来て見ましたがお客さんがたくさん居たので無料露天風呂の「もみじの湯」へ向かいました。しかし、ここも芋洗い状態です。ならば1678年にできた畑下温泉神社にお参りして畑下露天風呂へ行ってみるとお湯が入っていませんでした。 さらに下って塩原の名所「天狗岩」でシンキングタイム。。。塩原温泉の雄である岩の湯に行くことにしました。
090228_1553~0001090228_1554~0001090228_1605~0002090228_1606~0002090228_1607~0001090228_1635~0001090228_1650~0001090228_1651~0001090228_1653~0001
 露天風呂と箒川挟んで反対側にR3を止めてつり橋を渡り「岩の湯」へいきました。しかし、ここも芋洗い状態。。。。不動の湯へ行こうと思いましたが泉質は断然岩の湯の方がいいのでちょっと待つことしばし。今日は土曜日であるためか何組かカップルが入っていて入り辛かったけどカップルは目的が別にあるためかすぐに空きました。 
 今日は暖かいとはいえやはり冬なので体の芯まで冷え切っていたのでしばらく浸かって居ましたら目の前をいろんな鳥が飛んでいました。鷺しか写せませんでしたが野鳥を見ていたらもう春が近い感じがしました。風呂から出て福渡温泉街に移動商店が居たのでパシャリ!いい感じです。

【走行記録】
  走行時間2h30.07m
  走行距離 50.71km
  平均速度20.2km/h
  最大速度61.0km/h
  積算距離2542.02km
【走行エリア】
  自宅→塩那街道→もみじの湯→畑下温泉神社→岩の湯→塩原の道の駅→塩那街道→自宅














スポンサーサイト

雪でしたのでR3を掃除しました。

 掃除はしてみる物ですね!ダウトを探せ!ではないですがじっくり自転車を見ているとポンプの先のネジがなくなっているのに気が付きました。
 大田原のサイクルショップへ現物を持っていってその部分だけ注文したら500円もしなかったので他の物も注文しましたので届いたら後日掲載します。
 自宅より南の大田原も雪でしたが積もる様子はなく道路はびっしょりです。町をキョロキョロしたいたらカーネーションを見かけたのでを買って帰りました。だんだん春が近づいていますね!
0902271725_convert_20090227212610.jpg0902272116.jpgIMG_2242_convert_20090302184419.jpg0902271931.jpg
 帰宅後ECロックバンドでヘルメットに尾灯を括り着けました。これの方が安全かな?




須賀川温泉へ行きました

 今日も雲行きが悪く小雨模様だったので車で出かけて見ました。最初は棚倉から塙の方の岩の湯へ行こうと思いましたが4号バイパスがスムーズだったのでそのまま北上して須賀川温泉へ行ってみました。白河を過ぎて矢吹に入ると空模様がご覧の通り(写真下左)
 須賀川近辺にはいろいろと温泉がありますがマルナカ温泉が閉鎖になった今では筆頭は矢吹の新菊島温泉だと思います。
0902261620.jpg0902261621.jpg0902261622.jpg0902261710.jpg0902261708.jpg0902261624.jpg0902261623.jpg0902261626.jpg0902261737.jpg
 館内は昔はちゃんと作ったのでしょうが経営者が次々と変わって荒れ果てていましたが今日は綺麗に掃除されていました。相変わらず入り口の赤い天狗が泣かせてくれます(笑) この温泉はですがとてもぬるく長く浸かっていないと湯冷めしそうですがさすがに温泉で出た後もなかなか体が冷えてきません。まったりした気分になるこの温泉は思いのほか体がスベスベします。肌が若返ったような感じです。だから女性にとてもお勧め 
 温泉から出た後は少し天栄村のほうへ寄り道して長沼の「ふじよし」へ行ってみました。ここは「くまたぱん」と同じような和菓子があるとの事で一度食べてみたかったのですが休みでした。 









夕方になってやっと雨が上がったので黒羽までポタリング

 黒羽は黒羽城跡を中心としたワンダーランドでちょっとしたポタリングには最適です。
 今日はくらしの館を通り過ぎてそのまま城跡に行ってみました。昨年の3月17日にこの黒羽城跡で梅が満開だったのでまだ早いかと思いましたがこてやさん山頂で梅の花が咲いていた記憶があったので探してみると咲いていました。狂い咲きかな?それとも温暖化の影響?
0902251656.jpg0902251700.jpg0902251701.jpg0902251706.jpg090225_2200~0002
 黒羽城は山に作られて麓に武家屋敷で那珂川を挟んで遊郭があったりしました。
 帰りは昨日と違って気候も良かったので少し遠回りをして帰りました。

【走行記録】
  走行時間1h46.06m
  走行距離 35.91km
  平均速度20.3km/h
  最大速度49.1km/h
  積算距離2491.31km
【走行エリア】
  自宅→ライスライン→蜂巣→くらしの館→城跡→大田原の道の駅→ライスライン→自宅



霙の中を走りました。

 雲行きが怪しかったのですが黒羽のくらしの館まで行ってみました。ビンディングを付けてからは黒羽まで無風状態でもav25kmで行けます。距離も15kmなので少し短いですが休憩にはくらしの館がぴったりかもしれません。 
 そのくらしの館の無料館内では雛人形が飾ってあり覗いていると芦野の遊行庵に居た方とばったり会いしばし雑談しました。外へ出てみると雨になっていてシンキングタイム。。。。
090224_1515~0001090224_1516~0001090224_1516~0002090224_1516~00030902211421.jpg090224_1950~0001090224_1951~0001090224_1951~0002090224_1951~0003
 五峰の湯まで濡れながら行ってみる事にしました。しかし、五峰のい湯を前にしてこの循環温泉に入って帰ろうかと思いましたがすでに濡れていてまたどうせ濡れるなら一緒だと思いそのまま今度は近道をして帰りました。
 黒羽では雨でしたが北上していくと霙に変わって体の芯も冷えたのですが特に足先が痺れました。
【走行記録】
  走行時間1h37.06m
  走行距離 34.42km
  平均速度21.2km/h
  最大速度46.1km/h
  積算距離2455.40km
【走行エリア】
  自宅→ライスライン→乙連沢→くらしの館→五峰の湯→くらしの館→ライスライン→自宅



甘盛堂の和菓子はいけます!

 今日は雨で塩原温泉の白樺荘へ行っただけですので昨日の甘盛堂の和菓子についてコメントします。
 接客態度に好感が持てる店員に試食を勧められて生キャラメルかりんとう饅頭を食べたのですがいちご大福を買いに来たにもかかわらず気を取られるくらいに二つともインパクトがありました。そのかりんとう饅頭はそのまま買いました。
 お店には常連のお客が何人も居てゆべしを次々に買っていくのでそのゆべしとインターネットでよく見かけたいちご大福の3種類をウエストバックに詰めて栃木へ戻りました。
0902221540.jpg0902221544.jpg090223_1009~00010902221849.jpg0902221538.jpg
 帰宅して昨夜食べた感想はかりんとう饅頭はお店で食べた状態と変わらずカリカリ感があり癖のない甘みがかりんとうの香ばしさとかみ合っています。
 ゆべし(下写真左)はその昔子供の頃お祭りの時だけ食べることができた浜の市の志きし餅とほぼ同じ味ですがもち米の風味の中に黒糖の香りがほのかにします。
 いちご大福は視覚的にも食感をそそられ白餡と黒餡と蓬の香りがやさしく饅頭にしてはかなりお上品で春の和菓子としては絶品です。
0902231014.jpg0902231312.jpg0902231527.jpg0902231529.jpg0902231433.jpg
 二日に分けて食べたのですが本日の感想はかりんとう饅頭だけしっとりとして別物になっていました。美味しいのですが糖分が強くなっていて歯ざわりもどこにでも手に入る温泉饅頭に近いお菓子って感じになっていました。
 ところで今日行った塩原温泉の新湯は夏タイヤで行けましたが回りは雪だらけです。白樺荘のマスコットの白熊もパシャリ! 






茨城県の大子と福島県の棚倉へ行ってきました。

 輪行袋を持って昨日と同じ道を走って白河へでも行こうとしましたが今日は南風でまたもや向かい風になり途中で進路を変更して黒羽(下写真右)に来ました。今日はあたたかい風なのでここでシンキングタイム。。。。最近癖になってる上り坂を走りたいので唐松峠と明神峠へ向かうことにしました。林道の坂を経験してるので国道の峠は「屁のツッパリにもなりません」
0902221158.jpg0902221300.jpg0902221313.jpg0902221322.jpg0902221406.jpg0902221408.jpg0902221412.jpg0902221431.jpg0902221433.jpg
 明神峠を下って黒羽の道の駅、県境と記念撮影してその昔よく行った大子ワイナリーへ行って見ました。ワイナリーはドイツ人も居ず顔見知りは誰も居なかったので入らずにとりあえず町へ向かってみました。
0902221342.jpg0902221353.jpg
 途中に味のある学校(上写真左)があったのでパシャリ!それから大子の町をポタリング。古い建物が残っていたりしてなかなか味のある町です。道の駅へ行ったり繁華街を一周したりして14時36分発郡山行きの短縮鉄道に乗りました。
 今回も昼に出かけましたが那須から大子へのポタリングはできれば午前中に出かけたほうがゆっくりできるかもしれません。
0902221441.jpg0902221453.jpg0902221504.jpg0902221515.jpg0902221518.jpg0902221521.jpg0902221524.jpg0902221538.jpg0902221542.jpg
 この水郡線はまるで大型遊園地の乗り物です。一両編成ですが豪華なトイレも付いて単線で久慈川と118号、山と緑の夢の乗り物。。。もう好きになりそうです。しかも今回のリフト代は650円。もうしばらく乗っていたかったけど磐城棚倉で下りました。輪行は今回で三回目でだいぶ慣れたし前回の白河駅では階段から荷崩れで輪行袋ごとまとめて一緒にコケ落ちたりしてるのでもう余計な気は使いません。 
 岩城棚倉駅の近くにいちご大福で有名な「甘盛堂」があるので何種類か買って帰って食べてみましたがこれはいけますのでグルメの欄で別途ブログを作ります。
0902221534.jpg0902221641.jpg0902221645.jpg0902221701.jpg090222_2200~0001
 甘盛堂から白河駅へ向かって走りました。単調な道で暇だといろいろと思い巡らす物です。白河駅から輪行しようと思ったのですが。。。
 1.大子ワイナリーに寄らず道の駅で温泉にも入らなかったので時間が余った。
 2.ボケッと走っていたらR3を袋に入れたり出したりするのがやっかいに思えてきた。
 3.東北線は風景も見えずそんなに楽しくない。
 4.昨日ので御亭山の登りの凍結道の経験があるので凍結してても心配ないさ
以上の4項目で駅へ行かずに自走して帰る事にして県境の峠に向かいました。
 
 しばらく緩やかな坂道を登っていると白河の関へ付いたのでR3を下りてパシャリ!白河の関はもう何度も着てますが自転車でしかも棚倉から来たのは初めてです。そこから県境の住吉玉津神社を通過して伊王野に出ていつものコースで帰りました。奥州街道の県境には二つの神社がありましたがこの東山道は住吉玉津神社だけが残っています。 
 帰ってサイクルメーターを見たら5時間もペダルを回していたのでびっくりしました。私は暇人です。
【走行記録】
  走行時間5h01.43m
  走行距離 103.25km
  平均速度20.5km/h
  最大速度53.4km/h
  積算距離2420.98km
【走行エリア】
  自宅→那須塩原駅→黒羽那珂川遊歩道→明神峠→大子ワイナリー→常陸大子駅
  →輪行→岩城棚倉駅→白河の関→鍋掛宿→自宅


























黒羽、御亭山ポタリング

 昨日の雪と冬型の風を考慮してまず黒羽まで行ってみました。4号線から背風だったので黒羽の「暮らしの館」までは最高速度が50km近く出て平均速度も35kmで20分もかからずに着いてしまいました。
0902211449.jpg090221_1414~0001090221_1414~00020902211418.jpg0902211420.jpg0902211438.jpg
 「暮らしの館」を見学した後に黒羽ピアホール経由で循環温泉の五峰の湯がある運動公園(上写真左)へ着てみました。ここには16時までですが足湯もあります(上写真右)
 ここで風を除けてシンキングタイム。。。時間が下がってきてるので茨城県の大子へ行くのはやめて雲巌寺へ行ってみることにしました。しかし、背風の影響で楽に唐松峠まで来たので思い付きで御亭山へ右折してしまいました。
0902211543.jpg0902211553.jpg0902211600.jpg0902211603.jpg0902211626.jpg0902211636.jpg
 唐松峠から御亭山山頂までは2kmなので楽勝と思いきや北面の林道に入ると当然風がなくなり500mも行かないうちに急勾配と道路凍結の繰り返しで結局半分位はR3を押して上がりました。山頂の南面は暖かく梅が咲いていましたが北面は烈風で息ができないくらいでした。先日登って来た道を今日は下ったのですが時速61km出たり烈風に押されて時速18kmたまに凍結してるところがあったりで注意が必要でした。 
 御亭山から下りた片田から黒羽まではその烈風の向かい風でかなり強くペダルを踏んでヘオヘロになって「たまち蔵屋敷」で休憩してから向かい風にまた立ち向かって帰るのは嫌でしたので黒羽の町を散策する事にしました。裏手に入って石積みの壁を見ると黒羽の町がその昔かなり豊かな街だったことがうかがえます。
 黒羽からますます強くなった寒風に向かって帰途に着きましたがすぐにメゲテ道の駅で一息入れて今度は自分に気合を入れてしかもビンディングが付いてるので前のようにエスケープはせずに戻りました。
【走行記録】
  走行時間3h17.30m
  走行距離 55.59km
  平均速度16.8km/h
  最大速度61.9km/h
  積算距離2317.73km
【走行エリア】
  自宅→くらしの館→黒羽運動公園→唐松峠→御亭山→片田→黒羽→大田原道の駅→自宅















朝起きると雪でした。

 これでは(下写真左)R3に乗れないので車で出かけ用事を済ませました。
0902200834.jpg0902200956.jpg0902201457.jpg0902201050.jpg
 よく行くスーパーも雪かき車で大忙しで。よく那須や大佐飛山、高原山の写真を撮ったりシンキングタイムしてる近所の田んぼ(上写真右)もごらんの通り。
 時間を作って大田原のサイクリングショップへ出かけキャリアにするかリュックにするか相談していたらいつの間にかロードの話になり何台か見てみました。 ペダルをビンディングに変えて巡航速度が3km上がったのでロードにしたらどれくらい巡航速度が上がるのだろうか。。。。



寒風の中を芦野宿へポタリングしてきました。

 芦野宿までは少し遠回りになりますが那須おろしを利用して黒羽刑務所を回って行くこととします。しかし、背風を利用して得した気分でしたが稲沢から伊王野、芦野までは向かい風で結局時間がかかってしまいました。
0902191432.jpg090219_1433~0004090219_1433~0003090219_1504~0001090219_1528~0001090219_1624~0001090219_1313~0001090219_1734~0001
 芦野宿は何度来ても味があります。特に歴史の事を知るには熟年の方(人生の奈良京都かな)の生の声を聞くと立体的な観光ができます。今回も遊行庵と伊豆屋(上写真中央)の熟年の方とお話しました。天狗党の話もさることながら今から50年前は宿場町の様子がかなり残っていて色恋の話や赤線があった場所まで教えてくれました。
 芦野宿からは夫婦一里塚(昔は一里塚は左右にありましたが現存するのは少ないけどここは奇跡的に残っています)から寺子宿までの奥州街道を走りそこから4号バイパスへ出て帰りました。
 ところで、こてやさんへ登った時に足先が痺れて感覚がなくなった教訓を生かし今日は足先にサランラップを撒いて走りました。効果は覿面でまったく足先が寒さを感じなかったのでこれはお勧めです。
【走行記録】
  走行時間2h18.42m
  走行距離 52.03km
  平均速度22.5km/h
  最大速度52.6km/h
  積算距離2262.14km
【走行エリア】
  自宅→黒羽刑務所→芦野宿→寺子宿→那須塩原駅→自宅







大田原のふれあいの丘までポタリング

 今まで何度も車で「ふれあいの丘」は来ていましたが今日は初めてR3でやってきてみました。
0902181308.jpg0902181302.jpg
 ここの天文台(上写真右)は65cm反射望遠鏡もさることながらタカハシの10cm屈折望遠鏡がお気に入りです。また学芸員の知識もさることながらマニアな人柄も好きです。入館料はお値打ちの300円だよ。
0902181304.jpg0902181306.jpg0902181310.jpg0902181312.jpg0902181322.jpg0902181326.jpg0902181327.jpg0902181542.jpg
 行きは那須おろしを利用して写真も撮らずに一気に「ふれあいの丘」まで来ましたが帰りは向かい風を理由に何度もペダルを止めて風景写真を撮りまくりました。とくに八溝山の上まで(上写真右から2枚目)飛ばされた雲は印象に残りました。最後の写真でもわかるように結局夕方まで北風が吹いていました。
【走行記録】
  走行時間1h39.22m
  走行距離 34.11km
  平均速度20.6km/h
  最大速度53.3km/h
  積算距離2210.11km
【走行エリア】
  自宅→大田原「ふれあいの丘」→自宅





本日は趣向を凝らしてヒルクライムをしてみました。

 那須おろしの背風の力を借りて黒羽の町までペダルを漕いで見ると町の中に入るまで30km巡航でした。その勢いからか那珂川から御亭山(写真の遠くに見える山です)を見ていたらなんだかいけそうな気がしましたので行ってみました。
0902171426.jpg090217_1424~0001090217_1425~0003090217_1424~0002
 スタート地点(下写真左)の雲を見ればわかりますが上空には強い北風です。
 ゴール地点(下写真右)は山で風が遮られ遠くの筑波山まで雲が淀んでいました。
0902171441.jpg0902171523.jpg
 御亭山(こてやさん)ヒルクライムの経過はまず標識の5kmを信じてペース配分をイメージしてスタートしてみました。最初の1kmは塩原の上りよりも楽で2km過ぎたあたりから傾斜がきつくなっていきます。3kmあたりから真顔でペダルを踏みますがすでに一桁の時速で蛇行するようになりました。4kmでもう足を着きたくなるくらいの心境になりましたが九十九坂が見えて元気になりました。5kmになっても蛇行していたためかまだ到着しませんがそのうち電波塔が見えてきたので最後の力でペダルを踏みやっと山頂広場へゴールしました。 
 結果は散々で40分もかかりタイム(下写真左から3枚参照)を計るのではなく上り切ることに意義があるって感じになりました。
090217_1524~0001090217_1524~0002090217_1524~00030902171526.jpg0902171527.jpg0902171529.jpg0902171534.jpg0902171535.jpg0902171536.jpg
 ここの山頂は車で何度か着ていますので見慣れた景色ですがこの季節は初めてです。視程がよければ富士山まで見えるお勧めポイントですが今日の山頂は寒風が強く寒さが刺激的でした。
0902171543.jpg0902171549.jpg0902171604.jpg0902171658.jpg0902171642.jpg090217_1752~0001090217_1752~0002090217_1751~0003090217_1751~0004
 山頂にしばらく居たら頭の芯まで冷えたので震えながら唐松峠へ下ることに。。。。しかし、またやっちまった!芯まで冷えた頭は何も考えずに直進して須賀川(上写真右)へ下りてしまいました。
 そこからまた唐松峠を登って本来下りてくるはずの場所(上写真3枚目)を通過して大田原の道の駅まで来て休憩しました。足先が寒さで今までになく痺れて感覚が戻ってくるまで道の駅で日向ぼっこしていました。このサイクリングシューズは妙に風通しがいいみたいです。
 しばらくしたら足の感覚が戻ってきたので道の駅の空を見るとまだ那須おろし(上写真中央)、しかし、来る時恩恵を受けたのだから帰りはトレーニングと思って寒風に向かって帰りました。
【走行記録】
  走行時間3h02.17m
  走行距離 60.07km
  平均速度19.7km/h
  最大速度53.1km/h
  積算距離2176.00km
【走行エリア】
  自宅→黒羽→片田→御亭山→須賀川→大田原の道の駅→自宅



















湯めぐり手形で一押しの温泉

 午後から夏タイヤでも登れそうだったので塩原温泉の新湯は白樺荘へ行きました。新湯は元湯ほど強くありませんがにごり湯で肌がすべすべになります。
090216_1545~0003090216_1437~0001090216_1519~0002090216_1439~0001090216_1543~0001
 新湯で有名な共同浴場のむじなの湯は人気があって全国からの湯治客が来ていますが仕切りがを作られて混浴でなくなり狭くなったので行かなくなり最近はここばかりですが奥塩原高原ホテルもリニューアルしてたまに行っています。
 
白樺荘は内湯と露天混浴風呂に二つだけですが温度調節が勝手にでき二つとも内湯では泥パックもありお勧めです。前にきたときは異国の方が内湯にいて話をして聞いてみるとインターネットで調べてフランスからやってきたとの事でした。ネットでは意外と有名かも

天文台から帰る途中に知人から電話が入り大田原の道の駅で待ち合わせることとなりました。

 私はR3でしかも向かい風、予想時間よりもかなり遅れて到着したのですが人のいい知人は苦笑いをしながらレストランで待っていてくれました。夜中の二時まで話したりしてる間柄でどこか気の置けない人としばらく話した後に御亭山へ向かいました。
 しかし、時間が下がりすぎたので御亭山へは行かずそのまま漕ぎ続けて走ってました。すると足に力が入らなくなり空腹感。。。。。さすがにかけそば一杯ではエネルギー不足と思い蛭田のコンビにで捕食して再びペダルを漕いでみました。
0902151603.jpg0902151610.jpg0902151641.jpg0902151705.jpg0902151715.jpg0902151704.jpg0902151720.jpg0902151903_convert_20090215234528.jpg090215_1944~0001090215_1944~0002
 夕方5時丁度にナマケモノにたけっちさん夫妻とクロカンタローさんとほぼ同時にも着いて雑談しました。みんなの自転車を見ていたらなんとタケッチさんはなんと62T。。。。クロカンタローさんのライトの工夫も感心しました。今回は二種類のパンを買いましたが写真に写ってるのはタケッチさんの奥さんからいただいた京月のいちご大福です(写真右から3枚目)
 ナマケモノから大田原の道の駅まで同行してそこで解散して帰りました。
【走行記録】
  走行時間2h49.09m
  走行距離 60.19km
  平均速度21.3km/h
  最大速度46.1km/h
  積算距離2115.93km
【走行エリア】
  自宅→大田原の道の駅→黒羽→片田→ナマケモノ→大田原の道の駅→自宅






ふくしま緑の百景である鹿の平の草地

 酒を飲んで12頃寝たのがまずかったのか朝4時まで寝てしまいそれからからごそごそおきてまた荷物を持って丘の上まで上がって天体を見てみました。昨夜と違ってモヤもすくなく土星火星を見てみました。
DSCN0910_convert_20090215214247.jpg0902150604_convert_20090215222834.jpg
 相変わらず天体写真は下手ですが夜空、しかも草原は清清します。
DSCN0901_convert_20090215214143.jpgIMG_2086_convert_20090215221550.jpg
 日が昇ってからはまたポタリングしてきました。さすがにふくしま緑の百景に入ってるだけあってしかも自転車に乗ってふらついてるのは私だけなので独り占めした気分です。
IMG_2071_convert_20090215221927.jpgIMG_2166_convert_20090215223240.jpgIMG_2134_convert_20090215223822.jpgIMG_2183_convert_20090215215107.jpgIMG_2185_convert_20090215214849.jpgIMG_2189.jpg0902151207.jpgIMG_2201_convert_20090215220122.jpg
 帰宅の際に棚倉で天狗党(上州党)の墓参りをして芦野で聖天饅頭を買って蕎麦を食べて再び芦野で上州党の墓参りをしました。この上州党は天狗党とは違い尊王倒幕で尊皇攘夷の天狗党が徳川慶喜に福井まで行って裏切られて初めて後悔したと言われる当時としては画期的な団体でした。 
 さて、聖天饅頭は110円、先日食べたくまだぱんと比較してみようかと思いましたが論外で比較になりませんでした。むしろ遊行庵と伊王野の道の駅の蕎麦は力が拮抗しています。出汁は芦野の方が上です。麺は逆。。。。

バレンタインデーの午後から天文オフへでかけました

 現地へ早くついたので一人鹿角平から麓の温泉へ出かけてみました。
0902141643.jpg0902141732_convert_20090215211935.jpg
 ペダルを漕がずに下りていけたのですが戻ってくるのが恐ろしくなるくらいな坂の連続でした。途中水のみ場があって一息いれて再び下山。。。。前回もやってきた「さぎり荘」へ入りました。
0902141534.jpg0902141702.jpg0902141718.jpg0902141726.jpg0902141754.jpg0902141753.jpg0902141750.jpg
 風呂には東京から週末農園の方たちの団体が入っていたので少し待って入ってみましたが貸切だと返って長湯をしてし湯あたりしてしまいしばらく休憩して再び天文台へ。。。。当然道が真っ暗で月が出るのが午後10時からですので星明かりです。片道12.5kmですので気楽に考えていたら急登で骨折りでしたが水星とオリオン座の星の光はたいした物で足元まで見えその光に助けられて真っ暗な峠道を登りきりました
 天文台まで戻って車から荷物を担いで丘の上まで歩いて登ると時間を追う毎に視程が悪くなり結局朝また丘まで上がることにして酒飲みにしました。
【走行記録】 (カーナビで計測)
  走行時間は2hくらいです
  走行距離は25kmくらいです
  平均速度は不明
  最大速度も不明
  積算距離はミニベロで82km
【走行エリア】
  鹿角天文台から「さぎり荘」までの往復と寄り道



昼食後塩原温泉へ行ってみました。

 今回は温泉手形を使って塩原温泉街のど真ん中にある山口屋旅館に入りました。0902131552.jpg0902131546.jpg
 こじんまりとした老舗の旅館でおもてなしの心もバッチリです。泉質は無味無臭で特に特徴はありません。もしここに泊まるならむしろ温泉街を楽しむためにって感じかな。
0902131459.jpg0902131422.jpg0902131456.jpg0902131455.jpg0902131427.jpg0902131426.jpg0902131431.jpg0902131442.jpg0902131555.jpg
 温泉に入った後に塩原の道の駅から箱の森プレイパークまでスポニチレースが秋にあるのですがそのコースをたどって上がってみました。すると立春が過ぎていたためか春を感じるザゼンソウ(写真右)が箱の森に生えていました。










お昼は東天紅で義理チョコを二つ貰ってラーメンを食べてきました。

東天紅まではR3で出かけました(往復10km以内だったらミニベロで出かけます)
090213_1208~00010902132043.jpg090213_1212~0001090213_1324~0002
明日は本命で忙しいのか義理チョコを今日貰いました。喜んでいるとラーメン屋のマスターにも私と同じ物を渡していました。マスターも喜んで今日は私までサービスしてくれました。しかし、シャイな私にとってはもっとこっそりと渡して欲しかった。
【走行記録】
  走行時間0h57.51m
  走行距離 21.63km
  平均速度22.4km/h
  最大速度38.4km/h
  積算距離2077.37km
【走行エリア】
  自宅→黒磯警察署近くの東天紅→自宅


ビンディング効果絶大の烏山ポタ

 さて、きょうはどこへいこうかな?ってことで午後から近所の田んぼで那須山と大佐飛山を見ながらシンキングタイム(写真下左)リベンジの懸案事項であった茨城県の大子に決めて出発しました。
0902121258.jpg0902121707.jpg
 今日も背風で快適に巡航、しかし、大田原の道の駅を過ぎて近道をして黒羽に入ったところで右足がすっぽ抜けました。靴底を触るとあるはずのクリートがありません。来た道を戻って探してみましたが見つからないので行くか戻るか迷いました(この差し歯が抜けたような感情は私がもっとも大好きな心情です)しかし、ふとペダルを見るとクリートが鎮座ましましています(写真下左)
 近くにバイクやさんもないのでそのままペダルを踏んで市内のサイクルショップまで向かい風の中漕いでいきました。この5kmほどの走行時、左足と右足の力の入り方が明らかに違うのでビンディングの偉大さを痛感しました。
 
 サイクルショップで靴にしっかりとクリートを着けて貰い予定を変更して馬頭へ向かうことにしました。ところが湯津上村まで背風の40km巡航で早く着き294号に入って背風でなくなり考え事をしながらペダルを踏でいると馬頭へ曲がる道を直進してしまってってました。戻るのも嫌な性分なので充てもなくそのまま烏山まで行ってみることにしました。

090212_1359~00010902121522.jpg0902121537.jpg0902121544.jpg0902121553.jpg0902121556.jpg0902121632.jpg0902121638.jpg0902121640.jpg0902121727.jpg
 烏山の町内にはその昔一緒に遊んだ知人のお店があるのを思い出し寄って(写真上左から二番目)見ましたが不在でした。そのお母さんとしばらく四方山話をした後納豆を買って町内を少し散策、さかい橋を渡り何回か使ったことのある那珂川河畔の無料キャンプ場(写真上中央)を横目に馬頭の道の駅を目指しました。
 道の駅でいつもの捕食、この道の駅はアイスクリームが人気があり、特にチーズとイチゴミルクがよく出るそうです。
 道の駅から那珂川の東側の道を黒羽まで上がっていきましたが片田まではアップダウンがあってヘバリました。なので片田を過ぎたあたりで日没(大写真右)を理由に休憩。
 片田からはお気に入りの黒羽経由戻ったのですが92kmの走行距離でav22.9kmでした。ビンディングの効果絶大です。特に疲れてからいつもペースが落ちるのですが今回は補助機能作動って感じで休憩後は引き足だけでペダルを回してました。
【走行記録】
  走行時間4h02.55m
  走行距離 92.78km
  平均速度22.9km/h
  最大速度51.4km/h
  積算距離2055.74km
【走行エリア】
  自宅→サイクルショップ→湯津上→烏山→無料キャンプ場→道の駅→ゆりがね温泉→黒羽→自宅







県北大規模公園でビンディングの練習をしてきました。

 白河から帰って近くの公園へビンディングの練習へ行ってきました。
 第一印象は靴の下に強力なガムがくっついた感じです。特に強く漕いだ時に引き足も使ってる感じですがなんだかよくわかりません。走行20kmではまだ感じがつかめないのかな?
 ビンディング自体は両面なので足元を見なくても付けたり外したりが簡単です。CA380009_convert_20090211192404.jpg02111631.jpg090211_1709~0002090211_1708~0001090211_1708~0003090211_1708~0004
 帰宅してみてav21.6kmでしたので短距離でしたが少し速くなった気がします。
【走行記録】
  走行時間0h55.46m
  走行距離 20.08km
  平均速度21.6km/h
  最大速度35.6km/h
  積算距離1962.96km
【走行エリア】
  自宅→那須野が原公園→自宅
 





明治時代まで原街道と呼ばれた今の4号線を北上

 この国道は江戸時代に参勤交代のために会津藩が作っています。水を汲みに行くのでこの道を北上して白河へ行ってみました。
右の写真でパトカーを見つけてね!
IMG_1984-1_convert_20090211183942.jpg
 市内へ入るとなんだか道が混んでると思ったら白河名物のだるま市の日でした。 
 昼なのでまずはラーメンを食べようとして白河駅から棚倉のほうへ少し行き今回は田中屋へ。相変わらず行列のできる店でしたが10年前と違って500円がチャーシューが一枚増えて600円になっていました。常連だった時と同じように塩ラーメンの薄めで注文しましたが相変わらず他のお店の大盛りの量でした。このお店はしばらく醤油ラーメンを食べ続けていると塩ラーメンのよさがわかります。その昔はこの茶釜で修行したこの田中屋ばかりでしたが足が遠のいたのはさらに上手のお店へ行くようになったからです。
IMG_1989_convert_20090211181434.jpg02111306.jpg090211_1246~0001IMG_2000_convert_20090211185034.jpg
 ラーメンを食べた後水汲みに行って帰宅してみるとドアのノブに一足早いチョコレートがぶら下がっていました。ティンカーベルかな?

山形有朋の痕跡

 午前中にオイルクリーナでチェーンの掃除をして昼に連ドラ「だんだん」を見た後に山縣有朋記念館へ出かけました。
 090210_1127~0001090210_1128~000302191422.jpg02101423.jpg02101424.jpg02101429.jpg02101454.jpg02101457.jpg02101518.jpg
 途中でチェーン清掃後の写真を撮ってみましたがそんなに綺麗になったような気がしません。箒川を越えて山に入ると急勾配でとうとう自転車から降りて屈辱の押歩きをしてしまいました。近いうちにリベンジします。
 記念館に着くと無用心にも鍵がかかっていないドアを開けて呼び出してみましたが誰も居ず結局外観だけ見て帰りました。水琴窟があったりおしゃれな庭と家の作りでした。02101428.jpg02101451.jpg
 行きは冬の風をまともに受けてしかも押し歩きで西へ向かったのでav15kmでしたが帰りは追い風と下りで結局av19kmでした。それと問題の急勾配をペダルを踏まずにどれくらい速度が出るのかやってみたら過去最高の64.6kmでました。


【走行記録】
  走行時間1h21.01m
  走行距離 25.63km
  平均速度19.0km/h
  最大速度64.6km/h
  積算距離1942.88km
【走行エリア】
  自宅→大鷹の湯→山縣有朋記念館→福祉大病院→自宅

続きを読む

光雲荘へ行った時に雪がなかったので塩原温泉へ行ってみました。

 暖かい曇り空の中を塩那須街道を目指して上りましたが街道に着くとav18kmでした。塩那街道を左に曲がって走ってみましたが道の駅では冷蔵庫気温の5度でした。前回断念した塩原温泉行きのリベンジのためか 道の駅から塩原郵便局の隣の足湯まですんなり到着。。。。健脚になったのかなあ?
 足湯に浸かっていた福祉大の学生と雑談して塩原の三箇所の足湯のウンチクを伝えたりして次へ進みました。
0902091427.jpg090209_1415~00010902091457.jpg0902091506.jpg0902091509.jpg0902091518.jpg
 しばらく進むと旧塩原役場の前のメディアであまりにも有名になったお蕎麦やさんへ行ってみましたが時間外で営業終了。しかし、外に出ていたメディアズレしてる店主と雑談したら店内を案内してくれました。雰囲気は女性受けしますので土日はかなり混むみたいですが箒川を見ながらお蕎麦を食べることができます。ただしメニューは観光地価格ですので訪店の際にはそのつもりでね!
 店を出て温泉街を進むと雲巌寺と同じ臨済宗ですが系列が違う妙雲寺があります。その隣にめろんパンで有名なめろん亭に入りましたが売り切れでした。メロンパンが欲しいのでしたら午前中に伺うと「あると思います」
0902091534.jpg0902091520.jpg0902091522.jpg0902091530.jpg0902091531.jpg0902091526.jpg
 さらに箒川を渡って少しすると国木田独歩の泊まった上会津屋(写真下左)がありその隣に足湯があります。先ほどの郵便局の隣の足湯よりはこっちの方が熱さを自分で調節できて水飛沫も飛ばないので私は好きです。足湯の隣は観光案内所でここのつり橋を渡るともみじの湯があります。この露天風呂はぬるいので冬はお勧めできないし夏はアブがたくさんいるので春か秋しか入れません。
 その後B級グルメで有名な「こばや」へ行ってみましたがスープ入り焼きそばは終了との事で出てきました。。この店は観光地価格ではないよ。
 それから少しあがっていくとP泊に適した無料駐車場(写真上右)があります。ここから先へ行っても雪だらけになるので狭い所々凍結している遊歩道を箒川に沿って下りました。
0902091532.jpg0902091538.jpg0902091607.jpg0902091610.jpg0902091620.jpg0902091621.jpg090209_1730~0002090209_1729~0001090209_1730~0001
 なんだか空腹感も収まったので温泉へ入ろうとしましたが上会津屋は時間外で入れず尾崎紅葉がこよなく愛した清琴楼は定休日だったので無料の畑下の湯(上写真中央のつり橋の下の小屋)へ行ってみましたが岩湯壷に湯が入っていなかった。その旨を通りがかりのご婦人に聞いたらぬりやの女将だったので温泉手形の料金で入れてくれることになりました。
 風呂から出て帰宅しようと下ってみると先ほどの郵便局の隣の足湯に知り合いのキャンカーが止まっていると勘違いして声を掛けてみました。知り合いではなかったけど前の私と同じように放浪してる方で北海道や九州、南紀勝浦の話で盛り上がりました。しばらく塩原に滞在するみたいです。その方の愛犬シェリー13歳ですが妙に元気が良かった。
 今回のポタリングで塩原温泉へ行ってみて思ったことはav20km以上で走れる人には物足りないと思います。しかし、奥州街道のアップダウンや那須おろしといつも対決していた為か今回の上りでav20kmだったのは私にしては上出来です。 

【走行記録】
  走行時間2h24.54m
  走行距離 50.13km
  平均速度20.7km/h
  最大速度56.9km/h
  積算距離1917.25km
【走行エリア】
  自宅→塩原cc→道の駅→塩原温泉街→道の駅→塩原cc→自宅

続きを読む

近所の乃木神社へ行ってきました

 しかし、神社の従業員があまりにもユーザーをないがしろにしていたのでお札も買わずに帰宅しました。いったいどんな経営者か顔が見たい

 その前に経営には関係がないが怒り狂ってその神仏の生い立ちを調べてみた。
1.天皇に忠誠を誓う武士道的精神、軍人精神の極致として賞賛するうけとめかた
2.封建制の遺風による野蛮で時代遅れの行為として皮肉にとらえるうけとめかた
3.作戦失敗を繰り返し、多くの部下を無為に死傷させた、当然の結果といううけとめかた
4.古武士のような徹底した清廉な生き方を称賛するうけとめかた
六本木ヒルズになっている長府藩上屋敷で生まれた乃木希輔の神社は この4区分によって全国に神社が建てられたようだ
各地の神社は立ち上げからマーケティングはうまく行っているようだがもともと自殺した二人を祀ってる訳だからちゃんとユーザーを大切にしないとこれからの時代は大変かも。。。

 長州藩は嫌いだけど吉田松蔭、高杉晋作、村田蔵六の三人は認めてる。その吉田松蔭の親戚だから時々行っていた乃木神社だったがこの際行くのはやめにするか?

夜はなじみの塩原温泉の光雲荘へ行ってきました。

 温泉手形でもう何年もまわってみて結局手形で300円の光雲荘かやはり手形で250円の白樺荘に何度も足が向いています。
090207_2030~0001090207_2035~0002
 ここは塩原温泉街の真ん中で時間がないときはここばかりです。炭と馬の二種類のアメニティーと柔らかい泉質の温泉掛け流しにサウナ。。。。至極の快感です。
 あと、塩原の帰りに車を運転していると星がよくみえていた帰宅して天体望遠鏡で久々に土星を見でました。もうすぐ土星の輪が見えなくなるので見えた土星は串刺状態でした。





午後に大田原のサイクルショップへ行って見ましたが接客中でしたのでそのままポタリングしてきました。

 最近なぜか八溝山が好きです。ついつい写真を撮ってしまいます。
0902071509.jpg0902071536.jpg0902071548.jpg
 大田原から湯津上へ着くといつも見てみぬ振りをして通過していた光丸山の一の鳥居を始めてじっくり見てポッポ農園へ行ってみました。日本最長の路線って言われるミニSLは回送中でしたが今日は動いてるミニSLを撮影できたよ。
0902071557.jpg0902071614.jpg090207_1759~0001090207_1800~0001
 それから私の好きな片田→黒羽の快適なコースを走って再び大田原のサイクルショップへ行ってビンディングとサイクリングシューズを注文しました。

【走行記録】
  走行時間2h23.05m
  走行距離 50.05km
  平均速度20.9km/h
  最大速度45.5km/h
  積算距離1867.12km
【走行エリア】
  自宅→サイクルショップ→片田→黒羽→大田原道の駅→サイクルショップ→自宅



 






寒晒し蕎麦まつりへ蕎麦通数人で行ってきました。

 場所は伊王野の道の駅でしたが案の定の大混雑だったのでR3を積んでいって正解!蕎麦通たちに順番待ちしてもらってる間に芦野宿までポタリングしてきました。遊行庵で先日話し込んだおばあさんからお茶を出してもらい雑談した後芦野宿のメインストリートを通過し時間調整して一時間で戻ってきました。並び始めて一時間後に戻ってもまだこの混み具合です(下写真右)

0902071226.jpg0902071229.jpg0902071231.jpg0902071247.jpg
 さて本題の寒晒し蕎麦ですが「晒しすぎ」って感じでした。特にもり蕎麦のほうは風味が飛んでいて乾麺では?って錯覚しそうでしたが食べてみると歯触り、舌触り、喉触りともに腰がありジンワリと味を楽しめましたが普段ここの道の駅で食べているもり蕎麦550円のほうが好きです。かけ蕎麦は甘口の汁に風味の消えた寒晒し蕎麦が妙にマッチしていました。
0902071302.jpg0902071303.jpg
 かき揚げと蕎麦湯ゼリーがついて750円でしたが損もしなかったけど得もしなかった感じでイベント側の勝利って印象でした。

【走行記録】
  走行時間0h30.00m
  走行距離10.00km
  平均速度20.0km/h
  最大速度38.9km/h
  積算距離1817.07km
【走行エリア】
  伊王野の道の駅→芦野宿→伊王野道の駅

 



ラーメンを食べた後はポタリングの下見を兼ねて須賀川へ行ってみました。

 須賀川はマルナカ温泉今は閉鎖してますがそのうち再開します、新菊島温泉、いやさか、市民温泉やその他たくさんの温泉の宝庫です。今回は観音温泉へ入って須賀川宿へ散策へ行きました。観音温泉は掛け流しではないから詳しく書きませんが接待に使うには最適です。
0902061554.jpg0902061555.jpg
 観音温泉でくまだぱんの話をしていた人がいたので須賀川駅近くまで行ってみました。硬いパサパサ感のあるお菓子で大福をイメージして食べると楽しいです。ちなみに須賀川市民くまだぱん知らない人はいません



味覚の確認ってわけではないですが。。。。

 昨日の事があったので294号で北上して昼は白河の入り口にある朝日屋へ行きました。
0902061235.jpg0902061240.jpg0902061245.jpg
 500円のラーメンは味が調っていて美味!少し麺が柔らかいのが玉に傷ですがこれぞ白河ラーメンって感じです。それと店内が一新されていて女性客受けするようなインテリアになっていました。

帰宅後に少しライディング

 日も暮れていたので大田原のサイクルショップで行ってカップホルダーを購入してみました。
090205_2001~0003090205_2000~0002090205_2000~00010902052143.jpg

【走行記録】
  走行時間0h49.59m
  走行距離16.22km
  平均速度19.5km/h
  最大速度38.8km/h
  積算距離1807.07km
【走行エリア】
  自宅→大田原市内→自宅
プロフィール

あぷりんく

Author:あぷりんく
新人類世代のチョイワルオヤジ

好きな色は ピンク

好きな花は バラ

好きなTVは 水戸黄門

好きな歌は おしりかじり虫

好きな果物は 山形産のりんご

好きな言葉は 
暗いと不平を言うよりも進んで明かりを付けましょう
 

最近の趣味といえば 
昼は自転車での散歩であとは時々夜空を見上げることかな?


前の趣味は 放浪

ずっと前の趣味は 山登り

人気サイトランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。